健康づくり企業の紹介

健康づくりに役立つ取り組みを紹介します

株式会社 プレステージインターナショナル 富山BPOタウン

業種: サービス業(カスタマーセンターなどの代行事業)
従業員数: 約220名
(平成28年4月時点)

7割を占める女性を意識した、おしゃれでおいしい食の健康づくり

健康づくりReport

7割を占める女性を意識した、おしゃれでおいしい食の健康づくり

7割を占める女性を意識した、おしゃれでおいしい食の健康づくり

白とブルーを基調にした洗練されたスペースのCafé Port

7割を占める女性を意識した、おしゃれでおいしい食の健康づくり

富山BPOタウンは、トラブルの受付から現場での対応まで、総合的なサービスを損保会社や自動車メーカーなどへ提供している。
「当社では、従業員の方が業務と普段の生活といったワークライフバランスを基本軸とし、その中で、リタイアするまで元気に働けることを指針にしています」と話すのは富山管理グループの藤田康志さん。「7割が女性で、平均年齢も30代半ば。そうした女性が活躍できる会社として、結婚、出産を経験しても職場に復帰し、子育てしながら安心して働き続けられるよう託児施設などの環境も整えています」。
Café Portとネーミングされた食堂の雰囲気も、女性を意識したおしゃれな空間。
メニューサンプルのディスプレイや食器も女性好みでセンスがいい。メニューも充実している。6種のベジプレート、ワールドランチ、隔日に提供されるボリュームランチ、ボウル/カレー、ヌードルなどバラエティ豊か。パンやスイーツまで揃えている。
ベジプレートは6種類の中から4つを選び、パンまたはライスがセットされる。どれも量は抑え気味だが野菜が多く、いろんな味を少しずつ食べる楽しみがある。

とやま健康ラボ Report

これは、社員食堂のイメージがくつがえりそうです

prestige-03

インテリアなどにもこだわり、
心地よく食事ができそう

根菜を中心に、彩りあふれる料理を提供

「カフェのテーマは"カラフルなデリ"。緑黄色野菜を多く使い、色で一品を表す料理を提供することで、色とりどりの野菜を摂っていただけるようにしています」と、食堂の運営を委託されている店長の土肥さんは狙いを話してくれた。将来的には、お好みの料理を好みの量で食べられるグラムバイキングのスタイルにするそうだ。薄味でおいしさを出す工夫も心がけている。「とくにベジプレートは4品とっていただくことになるので、品数や量が多くなると塩分も多くなりがちですが、そこは気をつけています」。
「女性への栄養を考えて、料理は根菜が中心になりますかね。それと旬のもの。生野菜も増やしていきたいですね」。野菜にこだわるのは健康を考えるとありがたい。とくに根菜は食物繊維が多く、体を温める効果もあるので女性にはうれしい配慮だ。
同社では、食を通じた健康づくりのほか、社内にジムスペースを設け、誰でも気軽に利用できるようにしている。終業後にジムで汗を流し、シャワーを浴びて帰る従業員もいるそうだ。また、リレーマラソンの参加も勧めている。前回は20名ほどが、お揃いのTシャツをつくって快走!?したほどだ。

prestige-04

野菜の彩りが豊富なベジプレート。
6種類から4つを選べる

prestige-04

ジムは休みの日も
利用できる

prestige-04

お揃いのTシャツで
リレーマラソンに参加

とやま健康ラボ Report

この料理の提供の仕方は、
野菜を摂る工夫のヒントかもしれません。

Voice~社員の声~

prestige-02

「管理栄養士の資格を持っているんですが、
栄養的にはすごくいい」と、
料理を評価する社員の澤井里奈さん

最初は自分のなかにあった社員食堂のイメージと全然ちがい、おしゃれな空間にビックリしました。料理もおいしいし、日替わりで品数も多いため食事が楽しくなります。野菜をはじめ、品数は多くとりたいと思っているので、自分にはぴったりですね。いろいろ選んでバランスもとれますし。丼に野菜をプラスすることもできる。パンがあるのもうれしい。チームの中には、おやつに野菜を食べたりしている人もいるんですよ。

pagetop