健康づくり企業の紹介

健康づくりに役立つ取り組みを紹介します

砺波工業株式会社

砺波工業株式会社

砺波市中央町3番21号

業種: 総合建設業
従業員数: 87名
(平成31年2月時点)

メンタルヘルス対策を中心とした健康づくり

平成30年度 「とやま健康経営企業大賞」 受賞企業 受賞企業

平成30年度 健診状況

  • 定期健診-受診率100%、有所見者率21.6%、有所見者への保健指導率21%
  • 特定健診-受診率100%、特定保健指導実施率33%
  • がん検診-胃がん48.7%、肺がん100%、大腸がん74.3%、乳がん-%、子宮がん-%

評価ポイント(主な取組み)

  • 現場等でラジオ体操等の実施
  • 外部産業カウンセラーと契約し、社員全員対象に年1回個人面談を実施
  • メンタルヘルスについての講習会を実施
  • コミュニケーション助成金制度の導入(食事会等への助成)
  • 全体の健診受診結果を社員へ周知
  • H30より3年計画で40歳以上全員人間ドック受診
  • 毎月80時間を超える超過勤務者のチェックを実施し、超過勤務者は減少

健康づくりReport

メンタルヘルス対策を中心とした健康づくり

健康づくりにつながる環境づくり

健康づくりで特に力をいれている取組みは、メンタルヘルスに関する取組みである。メンタルヘルスについての講習会を実施する他、外部の産業カウンセラーと契約し、社員全員対象に年1回個人面談を実施している。
また、従業員自身がどう成長すればいいのか・将来どうありたいか悩んでいる現状があったことから、会社でキャリアアップセミナーを開催し、キャリア形成に向けた支援を行い、働くモチベーションアップを図っている。併せて、メンター制度を導入し、先輩がメンター(指導者)となり、入社1年目の従業員に仕事面や精神面でサポートする体制も整備した。
この他にも従業員同士の食事会等への助成を導入し、従業員同士のコミュニケーションが盛んになるような環境づくりを行っている。

メンタルヘルス講習会

メンター養成講習会

基本である健診を充実

健康診断や特定健診は従来より実施しているが、会社負担で40歳以上は人間ドックを実施し、50歳以上はさらに肺ドック・脳ドックも実施している。
また、有所見者の2次健診受診率が低いことから、2次健診受診状況を平成30年度よりチェックを行い、受診を促している。
さらに、健康診断結果をもとに個別に産業医の面接指導を行い、食生活などのアドバイスを受け、日頃の生活習慣改善に役立てている。

oda-02

保健指導の様子

pagetop