とやま健康ラボ»野菜をもう一皿!食べようキャンペーン協力店レポート

野菜をもう一皿!食べようキャンペーン協力店レポート

店頭での野菜摂取に関わる普及啓発、イベントなどを実施中!

アルビス株式会社

アルビス大島店

アルビス大島店

アルビス株式会社

富山県射水市流通センター水戸田3-4

県内店舗数:33店
(平成29年8月時点)

健康づくりReport

野菜栽培をスタート

アルビスは、JA中野市などと提携して野菜を栽培する「アルビスファーム信州なかの」をスタートさせている。「産地と連携して、より質の高い新鮮な野菜を安定して提供するのが目的の一つです」と、大島店店長の斉木宏幸さんは話す。この日は、ファームで収穫したズッキーニをはじめ、野菜の袋づめをお客様に配布し、あわせてズッキーニのトマトソース煮の試食会も開催。売場でもこの料理に使用する野菜をセットにして並べ、お客様が家庭で野菜を摂りやすいよう工夫した。

野菜の配布イベント

野菜の配布イベント

試食会

試食会

旬のおいしさと地域の味を大切に

「産地の方からいろんな情報をいただき、それをお客様に提供することで、健康的な生活に役立ててもらいたいですね」と斉木さん。POPやQRコードで野菜の栄養や料理の仕方を情報提供する取り組みも充実。レシピ紹介では、その料理で摂取できる野菜の量まで表記しているそうだ。おいしい野菜を健康的な食生活に活かしてほしいという気づかいを徹底。旬の野菜のおいしさ、地域の味を大切にしながら、お客様の健康な暮らしに役立つ商品や情報の提供を絶えず考えている。

イベントと連動した野菜の陳列

イベントと連動した野菜の陳列

アルビス大島店店長 斉木宏幸さん

アルビス大島店店長 斉木宏幸さん

株式会社ローソン

ローソン富山石金

ローソン富山石金

株式会社ローソン

本社 東京都品川区大崎1-11-2
ゲートシティ大崎イーストタワー

県内店舗数:189店
(平成29年9月末時点)

健康づくりReport

マチの健康ステーション

2013年にコーポレートスローガンを「マチの健康ステーション」に変更しました。
ブランパンなど糖質を抑えた商品を販売しています。ローソンは、地元密着・地元に根差したコンビニとして、また、「マチの健康ステーション」として、地域に愛される一番店を目指しています!

糖質を抑えたブランパン

糖質を抑えたブランパン

充実したアイテムをそろえるサラダコーナー

充実したアイテムをそろえる
サラダコーナー

富山西支店支店長補佐妹尾寛之さん

富山西支店支店長補佐
妹尾寛之さん

野菜商品の販売を強化

2016年の秋からは、具だくさんの「スープ」の品揃えを増やしました。更に、2017年の春からは「サラダ」の品揃えを増やしました。野菜を使用した商品の販売に力を入れています。 ※掲載商品は、リニューアル及び商品名変更の可能性がございます。

野菜が具だくさんに入ったスープ

野菜が具だくさんに入ったスープ

調理麺や畜肉、生野菜が一緒に食せるサラダや、洗わずそのまま食べられるサラダなど

調理麺や畜肉、生野菜が一緒に食せるサラダや、洗わずそのまま食べられるサラダなど

おでんの大根はローソンファーム産

おでんの大根はローソンファーム産

株式会社大阪屋ショップ

大阪屋ショップ赤田店

大阪屋ショップ赤田店

株式会社大阪屋ショップ

富山県富山市赤田487-1

県内店舗数:33店
(グループ企業含む)
(平成29年8月時点)

健康づくりReport

お客様に、安心・安全な野菜を提供

大阪屋ショップでは、有機栽培や日本農林規格に基づいて栽培された「JAS規格」の野菜の販売を強化している。添加物や化学肥料を極力使わない商品の取扱量を増やし、お客様の健康志向に対応、安心・安全な野菜の提供に努めているという。「産地も吟味し、鮮度や品質の確かな獲れたての野菜をいつも用意しています」と、第2エリア統括の植崎雄太さんは話す。1日5皿以上の野菜と200g以上の果物を食べる「ファイブ・ア・ディ」運動の推進もホームページを通じて推進している。

フェアと連動した野菜売場。この日は鍋料理を提案

フェアと連動した野菜売場。
この日は鍋料理を提案

アイテムが充実した簡便野菜のコーナー

アイテムが充実した
簡便野菜のコーナー

野菜を楽しく、気軽に摂れる工夫を

実際、有機栽培野菜などの売場は拡大しているといい、また店頭では旬の野菜を活用したメニュー提案も強化。フェアと連動して、野菜を多く摂取できるメニューづくりにも取り組んでいる。一方、共働き世帯が多い富山の家庭を意識し、簡便野菜(茹でた野菜等)やカットサラダなど、料理の手間を少しでも軽減できる商品アイテムや、小分け商品も充実させ、小家族でも買いやすくムダのない商品を増やしているそうだ。「お客様が気軽に野菜を摂れる工夫をこれからも考えていきたいですね」と植崎さんは話した。

JAS規格と有機栽培野菜のコーナー

JAS規格と
有機栽培野菜のコーナー

大阪屋ショップ第2エリア統括 植崎雄太さん

大阪屋ショップ第2エリア統括
植崎雄太さん

pagetop